針が動かなくなった!トラブルによくある原因

時計の針のメンテナンスを行うタイミング

時計を長く使い続けるにあたり、定期的なメンテナンスをすることで、パーツの劣化を最小限に抑えることが肝心です。特に、針が動かなくなった場合には、時計としての機能を果たせなくなってしまうため、早急に修理を依頼する必要があります。時計の針が動かなくなる原因として、金属部品が多く用いられている時計の場合には、経年劣化による錆を疑ってみることが大事です。特に、日常的に使用している腕時計の場合には、汗や雨などにより、金属部品が劣化しやすくなるため、入念なメンテナンスを行うことがポイントです。なお、時計を分解して針の交換をするためには、高度な知識が必要となることから、初めから専門の職人に任せることがおすすめです。、

時計の針の状態を長く持たせるには

時計の針は、数あるパーツの中でも時間を正確に知るために重要なものであり、日ごろから針の動きに不具合がないかどうかチェックを欠かさずに行うと良いでしょう。また、高級な腕時計の場合には、定期的に針を含むパーツの交換をすることによって、長期的に新品同様の性能をキープすることも可能です。例えば、オーバーホールと呼ばれる分解掃除を行うことで、時計の針を良好な状態に保つことができ、ビジネスやプライベートなどで時計をよく使う人にもおすすめです。一般的に、時計の針の調子が悪くなるまでの期間は、それぞれの使用方法やパーツの耐久性などにより大きな差があります。そこで、時計の針の修理を速やかに行ううえで、アフターサービスの良い店舗で時計の購入をすることも効果的です。